ニュース

キューバがSR進出に望みつなぐ 鷹の助っ人トリオが名誉挽回の働き

無断転載禁止
キューバ代表のデスパイネ
【プレミア12 1次ラウンドC組】
○ キューバ 3x - 2 オーストラリア ●
<11月7日 韓国>

「第2回 WBSC プレミア12」の1次ラウンドC組第2戦が行われ、延長タイブレークの末、オーストラリアをサヨナラ勝ちで下したキューバが、日本開催のスーパーラウンド(SR)進出に望みをつないだ。

 キューバは6日のカナダ戦で2安打完封負け。この日も打線は湿りがちだったが、5回裏に4番・デスパイネ(ソフトバンク)の左前打、続くセペダ(元巨人)の四球で無死一、二塁の好機を作ったあと、適時打と内野ゴロで2点を先制した。

 その後2-2の同点に追いつかれ、9回表は無死一、二塁のピンチ。ここで登板した5番手・モイネロ(ソフトバンク)が、後続打者を3人で抑えオーストラリア打線に勝ち越し点を許さなかった。

 モイネロは無死一、二塁とタイブレーク方式で始まった10回表も、2つの見逃し三振を奪うなど完璧救援。前日のカナダ戦は2/3回で4四死球2失点と大荒れだったが、この日は2回無安打無失点と好投した。

 すると直後の10回裏、キューバ打線は無死満塁の好機を作り、一死後、3番・グラシアル(ソフトバンク)の中犠飛でサヨナラ勝ち。グラシアルは2度の好機で倒れるなどこの日も無安打に終わったが、初回の右翼守備で先制点を阻止する見事な本塁ストライク返球を披露。最後は決勝犠飛を放ち、日本でともにプレーするモイネロに白星をプレゼントした。

 キューバは接戦を制し、1次ラウンド2戦を終え1勝1敗。スーパーラウンド進出がかかる8日の第3戦は、1次ラウンド開催国の韓国と対戦する。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西