ニュース

侍J、1次ラウンド3連勝でSRへ 鈴木が2夜連発、3戦連続マルチ&計9打点!

無断転載禁止
3回に左越え2ランを放つ侍ジャパンの4番・鈴木誠也
【プレミア12 1次ラウンドB組】
● 台湾 1 - 8 日本 ○
<11月7日 台湾>

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、『第2回 WBSC プレミア12』の1次ラウンド第3戦で台湾代表に勝利。1次ラウンド3戦全勝で、11日から日本で始まるスーパーラウンド(SR)進出を決めた。

 侍ジャパンは初回、二死から3番・近藤(日本ハム)の四球と相手暴投で好機を作ると、4番・鈴木(広島)が中越えの適時三塁打を放ち先制。なおも二死三塁で、5番・吉田正(オリックス)も右前適時打で続き2-0とした。

 3回は再び鈴木が、2夜連発となる2ランを左翼席中段へ。頼れる4番は9回にもダメ押しとなる左前適時打を放ち、初戦のベネズエラ戦2打点、続くプエルトリコ戦3打点、そしてこの試合4打点と、3試合で計9打点を記録した。

 6回には7番・丸(巨人)が、今大会初安打となる適時二塁打を放ち6-0。9回は鈴木の適時打のあと、途中出場・源田(西武)にも右中間突破の2点適時三塁打が飛び出し8-0とリードを広げた。

 投手陣は粘投。先発の今永(DeNA)は3回までに4安打を浴びたが、要所を締め無失点。4回から登板した大野雄(中日)も、2イニングで4安打を許したが無失点で凌いだ。6回以降は山岡(オリックス)、甲斐野(ソフトバンク)、岸(楽天)、山本(オリックス)が1イニングずつ継投。9回に山本が1点を失ったが、台湾打線の反撃を1点に抑えた。

 侍ジャパンは台湾との2連勝対決を制し、3戦全勝で1次ラウンド突破。スーパーラウンドでは同じく1次ラウンドを突破した台湾相手の1勝が持ち越されるため、決勝進出、そして大会初制覇へ優位な状況になった。

【プレミア12 1次ラウンドB組の結果】
1位:3勝0敗 日本
2位:2勝1敗 台湾
3位:1勝2敗 ベネズエラ
4位:0勝3敗 プエルトリコ
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西