ニュース

ヤクルト・伊東編成部長、FA宣言した福田は「非常に欲しい戦力」

無断転載禁止
ソフトバンク・福田秀平
 8日に放送された『ザ・フォーカス フライデースペシャル』の『スワローズフォーカス』というコーナーにヤクルトの伊東昭光編成部長が電話出演した。

 最下位に終わったヤクルトは今オフ、国内FA権を宣言したソフトバンク・福田秀平の獲得を目指し、6日に交渉を行った。伊東編成部長は、福田の魅力について「走攻守に高いレベルにある選手。打撃もパンチ力があるので、うちにとっては非常に欲しい戦力と思って、FAに参戦したということですね」と明かした。

 ヤクルトの外野陣は青木宣親をはじめ、バレンティン、雄平、坂口智隆と30代を越えた選手が多い。伊東編成部長は「世代交代という面で徐々にやっていかないといけない。青木、バレンティン、雄平は年齢でみるのはかわいそうなんですけど、若い選手を育てていくという面では、中山、浜田という若い選手がいますが育ってくるまでに少し時間がかかるかなという思いで福田選手に穴を埋めてもらいたいと思っています」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM