ニュース

パ連覇・西武と日本S3連覇・鷹野球の融合! 源田&周東の機動力で侍J同点

無断転載禁止
相手投手のタッチをかわし同点ホームに滑り込む代走・周東

代走・周東が二盗、三盗決め好機演出!


 野球日本代表「侍ジャパン」は11日、「第2回 WBSC プレミア12」のスーパーラウンド初戦(ZOZOマリン)でオーストラリア代表と対戦。1点を追う7回、代走・周東(ソフトバンク)、8番・源田(西武)が鮮やかな足技を披露し、同点の1点をもぎ取った。

 侍ジャパンは1-2と1点を追う7回、先頭の5番・吉田正(オリックス)が中前打が出塁。ここで稲葉監督は切り札の代走・周東を送り込むと、続く浅村(楽天)が三振に倒れる間に周東は二盗を決めた。

 一死二塁で7番・松田宣(ソフトバンク)も空振り三振に倒れたが、続く源田の打席で二走・周東が今後は三盗に成功。二死三塁となり、源田が意表を突くセーフティーバントを試みると、周東が打球を捕球した相手投手のタッチを上手くかわし本塁生還。源田のアイデアに周東が共鳴する形で、2-2の同点に追いついた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西