ニュース

侍ジャパン逆転勝ちでSR白星発進! 鈴木3戦連発、周東&源田の足技で同点

無断転載禁止
【プレミア12 スーパーラウンド】
○ 日本 3 - 2 オーストラリア ●
<11月11日 ZOZOマリン>

 野球日本代表「侍ジャパン」は11日、『第2回 WBSC プレミア12』のスーパーラウンド(SR)第1戦で、オーストラリア代表に苦しみながらも逆転勝ち。1次ラウンドから4連勝とし、スーパーラウンドは1次ラウンドからの1勝持ち越しを含め、通算2勝0敗とした。

 侍ジャパンは先発・山口(巨人)が4回2失点で降板。打線は相手先発・ルジクに3回まで1安打無得点に封じられた。それでも4回、二死無走者の場面で、4番・鈴木(広島)が反撃の狼煙となる左越えソロ。主砲の一発で1点差に迫った。

 若き4番は、1次ラウンド第2戦・プエルトリコ戦での3ラン、第3戦・台湾戦での2ランに続き3試合連発。侍ジャパンの4番打者が3戦連続で本塁打を放つのは、今回の鈴木が史上初の快挙となった。

 1-2と1点を追う7回は、先頭の5番・吉田正(オリックス)が中前打が出塁。ここで稲葉監督は切り札の代走・周東(ソフトバンク)を送り込むと、続く浅村(楽天)が三振に倒れる間に周東は二盗を決めた。

 一死二塁で7番・松田宣(ソフトバンク)も三振に倒れたが、続く源田(西武)の打席で二走・周東が三盗に成功。二死三塁となり、源田が意表を突くセーフティーバントを試みると、周東が打球を処理した相手投手のタッチを上手くかわし本塁生還。源田のアイデアに周東が共鳴し、2-2の同点に追いついた。

 8回は相手投手の制球難で二死満塁とし、6番・浅村(楽天)が押し出し四球を選び3-2と逆転。投手陣は5回以降、田口(巨人)、岸(楽天)、甲斐野(ソフトバンク)、山崎(DeNA)が無失点でつなぎ、4番手の甲斐野が白星を手にした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西