ニュース

侍ジャパン、SR初戦を制す!稲葉監督「壮亮もあそこで勝負してくれた」

無断転載禁止
侍ジャパンの稲葉監督
【プレミア12 スーパーラウンド】
○ 日本 3 - 2 オーストラリア ●
<11月11日 ZOZOマリン>

 侍ジャパンが機動力で逆転劇に繋げ、スーパーラウンド初戦を制した。

 日本は先発・山口が、3回表二死三塁から先制点を許し、4回表も二死一塁から1点を献上して0-2と2点を追う展開に。それでも日本は、4回裏、4番・鈴木誠也が今大会3戦連続となるソロ本塁打を放ち、1-2と追い上げる。しかし、その後、オーストラリアの3投手による細かい継投の前にあと1点を奪うことができない。

 大きく試合を動かしたのは「足」だった。日本は7回裏の先頭、吉田正尚が中前打で出ると、すぐさま代走・周東を送る。周東は二盗を決めると、二死から三盗も決める。ここで8番・源田が、2ボール1ストライクからの4球目に、セーフティーバントを敢行。オーストラリアの4番手投手ウィルキンズが捕球し、懸命にタッチに向かうも、反応良くスタートを切った三走・周東が生還し、2-2の同点に。さらに2-2の8回に満塁のチャンスを作った日本は、浅村が冷静に選んで押し出しの四球。これが決勝点となり、3-2で日本がスーパーラウンド初戦を制した。

▼ 侍ジャパン・稲葉篤紀監督
「オーストラリアは変則投手が多く、なかなか点を取ることができない場面で、7回の(吉田)正尚、浅村のところはまず同点に追い付こうと周東に準備をしてもらっていた。あそこは正尚が出た時点で迷いなく周東を出した。その周東が二塁に行き、三盗というのも非常に大きかった。(源田)壮亮のところは2アウトだったので、もちろんノーサインで、本人の意思でやった。私も『まさか』とは思ったが、応用というか、国際大会では、ああいうところで何かやってやろう、というのが大事。あの1点はひじょうに大きかった。周東が三盗をしたことで壮亮もセーフティーバントという選択ができたと思う。こっち(ベンチ)が勝負に出たというところで選手が理解をしてくれて、2アウトで打つだけではなく、壮亮もあそこで勝負してくれたと思う。あらためて7、8、9回、終盤での1点というのは国際大会では大事になってくる。中継ぎがしっかり抑えているのでああいうチャンスが終盤にくると思っている」。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM