ニュース

侍ジャパン、メキシコ破り同率首位 坂本が攻守で躍動、投手陣1安打リレー!

無断転載禁止
2回に左前適時打を放ちベンチに向かってガッツポーズを見せる侍ジャパンの坂本勇人(右)
【プレミア12 スーパーラウンド】
○ 日本 3 - 1 メキシコ ●
<11月13日 東京ドーム>

 野球日本代表「侍ジャパン」は13日、『第2回 WBSC プレミア12』のスーパーラウンド第3戦でメキシコ代表に勝利。スーパーラウンドの成績を3勝1敗とし、同ラウンド首位だったメキシコに並んだ。

 稲葉監督は相手の先発左腕・ラミレス対策として、1番から5番まで右打者を並べる新打線を採用。すると初回、一死から2番・坂本勇(巨人)が左前打と盗塁でチャンスメイクすると、二死二塁の好機で、4番・鈴木(広島)が先制となる中前適時打を放った。5番・外崎(西武)も右前適時打で続くと、二死一、二塁から、6番・近藤(日本ハム)の中前適時打で2点目。初回から右打者を並べた新打線が機能した。

 2回は2四球などで一死一、二塁とし、坂本勇が左前適時打を放ち3点目。坂本勇は6回にも快音を響かせ計3安打1打点1盗塁とし、2回は三遊間深くに飛んだゴロを鮮やかにさばくなど、攻守両面でチームの勝利に貢献した。

 投げては先発・今永(DeNA)が3回までパーフェクト。左腕は4回にソロ弾を浴び、侍ジャパンでは20イニング目にして初失点を喫したが、6回1安打1失点、毎回となる8奪三振の快投で勝利投手になった。

 2点リードの7回以降は、甲斐野(ソフトバンク)、山本(オリックス)、山崎(DeNA)が1イニングずつを無安打無失点。今大会の勝ちパターンが盤石リレーで締め、4投手で相手打線をソロ被弾によるわずか1安打に封じた。

 侍ジャパンは単独首位だったメキシコを直接叩き、3勝1敗で首位タイに浮上。スーパーラウンド第4戦となる16日の韓国戦に勝利すれば決勝進出が決まる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西