ニュース

野村弘樹氏、侍J投手陣に「どう打ち取るかということを…」

無断転載禁止
侍ジャパン先発の岸孝之
【プレミア12 スーパーラウンド】
○ 日本 10 - 8 韓国 ●
<11月16日 東京ドーム>

 侍ジャパンがスーパーラウンド最終戦となった韓国戦に10-8で勝利し、17日の決勝戦に向けて弾みをつけた。

 侍ジャパンは1-1の3回に鈴木誠也、浅村栄斗、會澤翼の適時打などで6点を奪い勝ち越しに成功。しかし先発・岸孝之が4回に5点を失い1点差に迫られる。打線は5回に山田哲人、丸佳浩の適時打で2点を挙げリードを広げたが、7回に韓国に2点を返され再び1点差。9-8の7回に近藤健介の押し出し死球で1点を追加。2点リードの8回は大竹寛、9回は田口麗斗の継投で逃げ切った。

 『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 世界野球WBSCプレミア12 日本-韓国戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、侍ジャパンの投手陣について「岸は立ち上がり非常に落ち着いて、完璧な内容でしたよね。2周り目、そして3周り目に入る頃からおかしくなってきたので、岸というより配球でしょうね。1打席目に抑えたから次の打席はという思いではなくて、切り替えとどのボールを使ってどう打ち取るかということを明確にしていかないと、韓国打線は連打連打できますからね。そこは反省材料でしょうね。臨機応変といいますか、対バッターと対ピッチャーの反応、見極めをいかにできるかだと思いますね」と振り返った。

 また、17日の決勝戦に向けて野村弘樹氏は「6点取った直後に5点を取ることはそうそうないでしょうから、明日は今日と違った試合になるでしょうし、お互いが難しい試合になると思いますね」と予想した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM