ニュース

メキシコ代表、初の五輪出場決定! 元NPB戦士のクラーク&ナバーロ大活躍

無断転載禁止
9回に起死回生の同点ソロを放ち喜びを爆発させるクラーク(右端)
【プレミア12 3位決定戦】
○ メキシコ 3x - 2 米国 ●
<11月17日 東京ドーム>

「第2回 WBSC プレミア12」の3位決定戦が17日に行われ、延長タイブレークの末にサヨナラ勝ちしたメキシコ代表が、野球競技では初となる五輪出場を決めた。

 メキシコは0-1と1点を追う6回、かつて中日、オリックスでプレー経験のあるクラークが、一塁強襲の適時内野安打を放ち同点。7回に1点を失い、またも追いかける展開になったが、9回に再び先頭のクラークが、2016年にオリックスでチームメイトだった米国守護神のディクソンから、起死回生の同点ソロを左中間席に運んだ。

 延長戦はタイブレーク方式で、無死一、二塁からスタート。メキシコは10回表を無失点で乗り切り、その裏、一死満塁の好機で、今シーズン阪神でプレーした3番・ナバーロがサヨナラ打を中前へ運んだ。

 メキシコはスーパーラウンド3勝2敗、米国は同2勝3敗で3位決定戦に進出。メキシコが自国開催だった1次ラウンドに続き米国を下し、今大会での東京五輪出場権となる「アメリカ大陸の最上位国」に輝いた。

 米国は1点リードで9回を迎えるも、9回の抑えのディクソンが同点被弾。10回表は一死満塁の好機を活かせず、その裏にサヨナラ負けを喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西