ニュース

田尾氏、侍J・山本の投球に「当てられそうな気配がなかった」

無断転載禁止
1回を無失点に抑えた侍ジャパン・山本由伸
【プレミア12 決勝】
○ 日本 5 - 3 韓国 ●
<11月17日 東京ドーム>

 侍ジャパンの山本由伸が、圧巻のパーフェクトリリーフを見せた。

 5-3の8回からマウンドにあがった山本は、先頭のイ・ジョンフを3球三振、続くキム・ハソンを中飛、最後はキム・ジェファンを147キロのフォークで空振り三振に仕留めた。

 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 世界野球WBSCプレミア12 日本-韓国戦』で解説を務めた田尾安志氏は、山本の投球に「バッターに全くバットに当てられそうな気配がなかったですよね。140キロ台のキレのあるフォークでしたからね。メジャーでも使えるんじゃないですか。メジャーにいっている日本のピッチャーは何人もいますけど、超すぐらいの勢いはありますね」と絶賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM