ニュース

もしもファームに「ベストナイン」があったら…【ウエスタン・リーグ 編】

無断転載禁止
ソフトバンク・栗原陵矢

来季への期待を込めて…


 11月26日、今年も華やかなムードで開催された『NPB AWARDS 2019 supported by リポビタンD』。各種個人タイトルの受賞者をはじめ、前日に発表されたベストナインに選出されたスターたちが集結。後半では今季の新人王とMVPも発表され、これにてプロ野球の2019年シーズンが幕を閉じた。

 昼間にはファームの表彰式も開催されたが、やはり一軍を目指す選手たちの“育成の場”という意味合いも大きいだけに、一軍にしかない表彰もある。そのひとつが「ベストナイン」だ。

 というわけで、今回は編集部の独断でファームの「ベストナイン」を選定しよう!という企画。2020年シーズンの飛躍に期待を込めて、各ポジションで輝きを放った選手たちをピックアップしてみた。


ウエスタンのベストナインは…?


 今回は、ファーム日本選手権を制したソフトバンクが所属するウエスタン・リーグ編。メンバーは以下の通り。


▼ 投手
漆原大晟(オリックス)
39試(38回1/3) 1勝0敗23セーブ 防3.52
奪三38 WHIP1.20 

▼ 捕手
栗原陵矢(ソフトバンク)
55試 率.323(195-63) 本9 点33
盗塁5 出塁率.362 長打率.564 OPS.926

▼ 一塁手
オスカー・コラス(ソフトバンク)
66試 率.302(252-76) 本11 点46
盗塁3 出塁率.350 長打率.516 OPS.866

▼ 二塁手
増田 珠(ソフトバンク)
111試 率.278(327-91) 本7 点53
盗塁9 出塁率.342 長打率.422 OPS.764

▼ 三塁手
アレハンドロ・メヒア(広島)
73試 率.303(231-70) 本21 点56 
盗塁2 出塁率.373 長打率.641 OPS1.014

▼ 遊撃手
太田 椋(オリックス)
64試 率.258(233-60) 本6 点21
盗塁4 出塁率.331 長打率.412 OPS.743

▼ 外野手
田城飛翔(ソフトバンク)
112試 打率.307(352-108) 本4 点45
盗塁10 出塁率.339 長打率.403 OPS.742

渡辺 勝(中日)
62試 打率.317(180-57) 本2 点15
盗塁13 出塁率.385 長打率.439 OPS.824

大盛 穂(広島)
109試 打率.248(303-75) 本1 点11 
盗塁16 出塁率.279 長打率.320 OPS.599

▼ 指名打者
石川 駿(中日)
85試 打率.317(300-95) 本5 点44
盗塁2 出塁率.368 長打率.443 OPS.811


“育成のソフトバンク”から最多選出


 ウエスタンは、一軍とともに“親子日本一”を果たしたソフトバンクから最多の4名を選出。まずは攻守に存在感を発揮した栗原陵矢をチョイスした。

 今季もっともマスクを被ったのは九鬼隆平(69試合)だったが、これには高谷裕亮の負傷に伴いクライマックスシリーズにも帯同するなど、一軍で過ごす時間が増えたという事情もある。来季は“打てる捕手”として、一軍捕手陣の一角に割って入りたいところ。

 また、その他では、8月18日の西武戦で「一軍初出場」「初打席」「初本塁打」の鮮烈デビューを飾ったオスカー・コラスや、シーズン終盤まで中日・石川駿と首位打者争いを繰り広げ、リーグ最多の108安打を放った育成登録の安打製造機・田城飛翔も文句なしの成績。

 さらに、二塁手には熱男二世を狙う“増男”こと増田珠を選出。「三塁手」としての育成が基本線ながら、今季は試合途中のポジション変更も含めて「二塁手」で30試合に出場。ほかにも「一塁手」で24試合、「外野手」としても21試合に出場と、器用な面でもアピールを見せている。

 高卒2年目の今季は三軍から二軍に戦いの場を移したが、レベルが上がったなかでも打点・安打数・打率など、複数の打撃成績で5傑入り。一軍も二軍も勝利を重ねていきながら、そのなかで未来を託されるであろう若鷹たちが順調に育ってきているというのは流石の一言に尽きる。


「遊撃手」はドラ1ルーキーで混戦


 投手部門では、リリーフではあるがオリックス・漆原大晟を推薦したい。2018年育成ドラフト1位入団の“育成ルーキー”ながらクローザーを任され、23セーブで最多セーブのタイトルも獲得。2ケタの背番号を手にする日も近いだろう。

 広島のアレハンドロ・メヒアは2年連続で本塁打と打点の二冠を達成。首位打者には打率.317をマークした中日・石川駿が輝いた。タイトルを獲得した2名もメンバーに加え、外野は前述の田城のほかに、規定打席には届かなかったものの.317のハイアベレージを記録した“一本足打法”・渡辺勝をピックアップ。もうひと枠は、俊足を活かした好守で存在感を発揮した広島の育成ルーキー・大盛穂を選出。大盛は今季チーム最多となる109試合の出場機会を与えられ、先日のフェニックスリーグでも躍動。11月12日には支配下契約を勝ち取った注目株だ。


 そして最後に、大混戦となった遊撃手部門。今季のウエスタンでは中日の根尾昂に広島・小園海斗、さらには阪神の小幡竜平と高卒ルーキーの抜擢が多かったなか、ここは打撃面で好成績を残したオリックスのドラ1・太田椋を推したい。

 はじめての開幕を控えた3月に死球で骨折という不運に見舞われた18歳だが、64試合に出場して打率.258、6本塁打と上々の成績。ツボにハマった時の飛距離は目を見張るものがあり、また右中間にも広角に飛ばせるダイナミックな打撃が最大の魅力だ。今季は最終盤で一軍デビューも経験。攻守両面でのさらなるスケールアップに期待がかかる。

 ウエスタンの遊撃手といえば、ほかにもソフトバンクの川瀬晃が守備面で猛烈なアピールを見せており、今後がたのしみな選手が多数。来季から加入してくるルーキーも含め、引き続き注目だ。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西