ニュース

今宮、高橋純がアンバサダー就任 「PayPayドーム」来春2・29から

無断転載禁止
PayPayドームの外観イメージ[画像提供=福岡ソフトバンクホークス]
 ソフトバンクは24日、ホークスの本拠地である福岡ドームの名称を、2020年2月29日(土)より、「福岡 PayPay ドーム(略称:PayPay ドーム)」に変更することを発表した。

 また、今宮健太内野手と髙橋純平投手を2020年度の「PayPayアンバサダー」に任命したことも併せて発表。両選手は球場の内外で、スマホ決済サービス「PayPay」のPRを行っていくとのこと。

 PayPayドームでは命名権取得前の2019年3月より、飲食やグッズ販売、売り子販売、チケット売り場等、球場のあらゆる取引にスマホ決済サービス「PayPay」を導入してきた。

 今後についても、2020年春に開業するドーム隣接の複合施設「E・ZOFUKUOKA(イーゾ フクオカ)」を含め、球場および周辺地域のキャッシュレス化を推進していくという。


▲ 新球場ロゴ

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西