ニュース

楽天・鈴木大地が入団会見!背番号は7番に「球団や辰己くんの誠意を感じた」

無断転載禁止
27日、入団記者会見で楽天の石井GM(左)から帽子をかぶせてもらう鈴木大地

辰己は「8番」に変更


 ロッテから楽天にFA移籍した鈴木大地選手(30)が27日、新天地となる楽天生命パーク宮城での入団会見に臨み、「これから東北の皆さんに一つでも多くの勇気や感動するプレーを見せられるように頑張っていきます」と意気込みを語った。

 会見の冒頭、石井一久ゼネラルマネージャー(GM)が、鈴木の背番号は「7」になることを発表。今季、7番を背負っていたドラフト1位ルーキーの辰己涼介選手が番号を譲る格好になり、来季からは8番となることも発表された。

 ロッテ時代から付けていた愛着のある背番号を提示されたことについて鈴木は、「契約の際に7番の提示を受けまして、球団や辰己くんの誠意を感じました」とコメント。すでに辰己にも会って感謝の言葉を伝えたことを明かし、「すべての皆さんに7番をつけさせて良かったと言われるように」と、決意を新たにした。

 また、内外野あらゆるポジションでの経験を持つ鈴木は「チームの方針によって与えられたポジションで全力を尽くすことに変わりないが、内野のポジションで勝負したい」と述べ、様々なポジションでプレーする準備を整えつつ、「どの選手にも負けない覚悟で挑戦していきたい」と語気を強めた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西