ニュース

西武・秋山がファンフェスタで挨拶「今までカッコイイ応援歌に、“頑張れ”という皆さんの声援を受けて…」

無断転載禁止
メリーゴーランドでファンと触れ合う秋山翔吾選手

最後にファンへの感謝


 FAによるMLB挑戦を表明している西武の秋山翔吾選手が30日、西武園ゆうえんちで行われた『LIONS THANKS FESTA 2019』に参加。グッズ売り場や車椅子ソフト体験、メリーゴーランドなどに顔を出してファンと触れ合い、最後になるであろうファンとの時間を楽しんだ。

 トークショーのコーナーでは、ロッカールームの話をする「ロッカー・トーク」のコーナーに、外崎、源田、金子、木村と共に登場。外崎と源田、金子と木村のロッカーが並んでいるのに対し、自身のロッカー周辺はメヒアやニール、ヒースやマーティンら外国籍選手が多くて英語が飛び交っていることを受け、「横須賀で言ったらどぶ板通りみたい」と、京急汐入駅付近から横須賀米海軍基地にかけて続いている異国感のある商店街を引き合いに出す地元トークで笑いを誘う場面もあった。

 そして、クロージングセレモニーの最後には挨拶の時間も設けられ、「今日はファン感謝デーにお集まりいただき、ありがとうございます」と切り出すと、「今までカッコイイ応援歌に「頑張れ」という皆さんの声援を受けて、ここまでやってきて、新たな最高峰と呼ばれる舞台で戦いたいという意識が強くなり、FA宣言をして海外で勝負したいと思うようになりました」と感謝の言葉と共に決断に至った経緯も説明した。

 さらに「今の段階では何も決まっていないので、どうなるかわからないので、しっかりした言葉にはできませんけど、これまで育てていただいたファンの皆さん、球団関係者の皆さんに感謝して、より応援していただけるように頑張りたいと思います」とコメントし、まだ見ぬ新天地での活躍を誓った。

▼ 秋山翔吾選手の挨拶全文
皆さん、今日はファン感謝デーにお集まりいただき、ありがとうございます。
今までカッコイイ応援歌に「頑張れ」という皆さんの声援を受けて、ここまでやってきて、新たな最高峰と呼ばれる舞台で戦いたいという意識が強くなり、FA宣言をして海外で勝負したいと思うようになりました。
今の段階では何も決まっていないので、どうなるかわからないので、しっかりした言葉にはできませんけど、これまで育てていただいたファンの皆さん、球団関係者の皆さんに感謝して、より応援していただけるように頑張りたいと思います。
きょうはありがとうございました。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西