ニュース

西武・森「むちゃくちゃ助けられた」 盗塁王・金子侑司が“守”で放った存在感

無断転載禁止

「ネコさんで無理ならしょうがない」


 西武は30日、球団史上初めて西武遊園地でファン感謝イベント『LIONS THANKS FESTA 2019』を開催。特設ステージではトークイベント『山川穂高 produce ライオンズ マル秘ランキング』が開かれ、山川が「普段一緒にいるメンバー」だという森友哉、佐藤龍世、山田遥楓の4名が集結。岡田雅利をMCアシスタントに迎えてトークを繰り広げた。

 岡田を中心に終始和やかなムードでトークが進むなか、選手に向けた事前アンケート『チーム内のスピードナンバーワンは?』で最も支持された金子侑司の話になると、岡田は「やっぱり相手チームにいたら嫌ですよ」と、捕手目線から今季の盗塁王についてコメント。

 一方で、チームの正捕手を務める森は「走塁もそうですけど、自分は守備。絶対ヒットだなという打球をスライディングキャッチしてくれる。むちゃくちゃ助かりましたね」と守備での貢献度にも言及し、「もう絶対無理やな、と思っても突っ込んでくれる。捕れなくてもネコさんで無理ならしょうがないなと思える」と、ディフェンス面でも絶大な信頼を寄せていたことを明かした。

 このオフは秋山翔吾がMLB移籍を目指して海外FA権を行使。辻発彦監督が秋山の動向によっては今季レフトを守っていた金子をセンターに配置転換する可能性も示唆しており、金子も先日のイベントで「監督に言われたところで、思い切って自分らしくやりたい」と語っていた。

 “扇の要”が絶大な信頼を寄せるスピードスターは、来季どのポジションでチームを救うプレーを見せてくれるのだろうか。来季の起用法も含めて注目が集まる。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西