ニュース

西武に14年ぶりの帰還!松坂大輔が入団会見「家に帰ってきた感覚」

無断転載禁止

「終わりが近づいてきているなかで…」


 西武に14年ぶりの復帰を果たした松坂大輔投手(39)が11日、東京都内で行われた入団会見に臨んだ。

 紺色のネクタイを締めて登場した松坂は冒頭、現在の心境について「とにかく早くライオンズのユニフォームを着たいなと思っています」と語り、古巣復帰については「すぐに声をかけていただいたので、何も迷うことはなかった」とを明かす。

 つづけて、「ライオンズに戻ってこれるというのは、なんて言うのか、家に帰ってきた感覚と言いますか、ライオンズに決まったときは本当にうれしかった」と14年ぶりの帰還を喜んだ。


 あと30勝に迫っている通算200勝に話が及ぶと、「ここ数年のことを考えると、力もないのかなと思う」としたものの、「以前はそんなに考えることはなかったが、僕自身も(現役の)終わりが近づいてきているなかで、それと同時に達成したい気持ちが強くなっているのは確か。周りは無理だと言う人が多いとは思いますけど、自分から諦める気持ちはない」と金字塔の達成にも意欲。

 その一方で、「2年先、3年先を見られるわけではないので、これからは特に1年1年の過ごし方が今まで以上に濃いものになっていく。日々、投げられるようになるにはどうしたらいいかを考え、今の状態でどうしたら勝てるかを考えている。これからも毎日そうしたことを考えながら、プレーする期間が伸びていったらいい」と、今後を見据えた。


「やれることを必死に」


 気になるコンディションについては、「特に長く休むことなく、体だけは常に動かしているし、投げる方も去年の今の時期と比べると投げている」と問題なし。「期待されていないことの方が多いと思うんですけど、それを少しでも覆せるようにやっていきたい」と語り、「あまり大きなことは言えないですけど、リーグ3連覇、そして届いていないチームの日本一のために少しでも力になれるように」と意気込みを口にしている。

 若手が多い投手陣の中で、経験豊富なベテランとして求められる役割も出てくるが「自分ができることは、聞かれれば教えることはしますけど、それがメインだとは思っていないし、人のことを考えられる余裕はない。今やれることを必死にやるしかないと思っている」と、まずは自身が戦力として活躍することに重きを置いていることを強調。

 来季から背負う「16」という番号については、「ライオンズの16番は潮崎(哲也)さんのイメージ。歴代の16番をつけてきた選手はみんな成績を残している良い番号だと思うので、それに続けるようにやっていきたい」とコメント。潮崎以降も涌井秀章に石井一久、菊池雄星といった名投手たちが背負ってきた16番での活躍を誓った。


 1998年のドラフト1位で西武に入団した松坂は、プロ1年目から3年連続で最多勝に輝くなど、8シーズンにわたってチームに在籍。その間には、最多勝を3度(1999~01)、最優秀防御率を2度(2003~04)、最多奪三振を4度(2000~01,03.05)と多くのタイトルを獲得。2001年には沢村賞も受賞するなど、チームのエースとして活躍した。

 その後、ポスティングシステムを利用してメジャーリーグに活躍の場を移し、レッドソックスなどでプレー。2015年にソフトバンクで日本球界に復帰し、去年は中日で6勝を挙げてカムバック賞を受賞したが、今年は春季キャンプ中に右肩を負傷。一軍では2試合の登板に終わり、自由契約となったところ、古巣から声がかかった。


松坂大輔・プロフィール

ポジション:投手
投打:右投右打
身長/体重:183センチ/93キロ
生年月日:1980年9月13日(39歳)
経歴:横浜高-西武(98年・1位)-レッドソックス-メッツ-ソフトバンク-中日
[今季成績] 2試(5.1回) 0勝1敗 防16.88
[NPB通算] 218試(1464.1回) 114勝65敗1セーブ 防3.04

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西