ニュース 2019.12.21. 08:00

巨人・元木ヘッド、若手選手たちの練習姿勢に不満!?

 21日に放送された『徳光和夫 とくもり!歌謡サタデー』に、巨人の元木大介ヘッドコーチが生出演し、若手選手について言及した。

 元木ヘッドは、「来年一軍キャンプを呼んでください。一軍キャンプにどうにか残ろうという姿勢の選手がいなかったですね。気持ちはあると思うんですけど、ただやらされている感があるなとも感じたので」と秋季キャンプで若手選手たちからのアピールを感じなかったという。

 「セカンドなんてレギュラーがいないわけですから、本当に田中俊太、若林、山本、増田。みんないるわけです。吉川尚輝もでてくる。みんな一生懸命セカンドのレギュラーポジションを獲ろうと思ってやらないのかなというのが感じましたね」と選手たちから必死さが伝わってこなかったそうだ。

 元木コーチが話したように、特にセカンドは今季、吉川尚輝で開幕を迎えるも故障で離脱後は、いろいろな選手にチャンスを与えられるも、レギュラーを奪う選手が現れなかった。元木コーチは「セカンドのメンバーは2ヶ月おきに変わったので、ひとつにしなければいけない。増田にも、ずっと言っているんですけど、練習を率先してやらない選手で、『レギュラー獲る気あるの?』と聞いたら、『あります』と言うんだけど、その割にはという感じです。僕は増田に、広島の菊池みたいになって欲しいと思うんですよね。それが伝わらないのかなというのはありますね」とポツリ。

 元木コーチが、ここまで若手選手たちを厳しくするのは、自身の経験がある。「僕は(練習を)やっていなかったから早く現役を引退した。辞めてから辛い思いをするということを(選手に)わかって欲しいなと思っています。厳しい言葉かもわからないですけど、ユニフォームを脱いだら、仕事はないぞと。僕は運良くテレビ、ラジオに呼ばれているから非常に恵まれているんですけど、9割そういうことがない。今のうちにやらないと思っている」と明かしていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM