ニュース

西武が多和田の「自律神経失調症」を公表 渡辺GM「契約保留選手のまま、病状の回復を待つ」

無断転載禁止
西武・多和田真三郎

復帰の見通しが立ち次第の契約更改に


 西武の渡辺久信GMは23日、同球団の中で唯一、契約更改が行われていない多和田真三郎投手(26)の現状について言及。今年9月に発表された「頻脈性不整脈」の原因が「自律神経失調症」であることを公表し、「契約保留選手のまま、病状の回復を待つこと」を明かした。

 渡辺GMは「多和田真三郎投手の病状について、本人の同意も得られましたので、本日、皆様にお伝えします」と語り、「本人は現在も復帰を目指して治療を続けている」としながらも「現時点では復帰の見通しが立たないため、契約保留選手のまま、病状の回復を待つことになりました」と現状を説明した。

 また、多和田本人とも話をしたという渡辺GMは「私たちは今も多和田を貴重な戦力であると考えていますので、チームドクター、並びに専門医の先生方とも、密に連携をとり、復帰の見通しが立ち次第、契約更改を行うつもりです。本人とも話をしたうえで、わたしたちはこの形がベストな形であると考え、選択しました」と続け、今後の推移を見守っていく意向を示した。


▼ 渡辺GMのコメント
当球団の保有選手の中で唯一、契約更改が行われていない多和田真三郎投手の病状について、本人の同意も得られましたので、本日、皆様にお伝えします。同投手は、本年9月に頻脈性不整脈であることを発表し、治療に専念していますが、本日はその原因が自律神経失調症であることを、新たに公表させていただきます。

本人は現在も復帰を目指して治療を続けています。ただ、残念ながら、現時点では復帰の見通しが立たないため、契約保留選手のまま、病状の回復を待つことになりました。
もちろん、私たちは今も多和田を貴重な戦力であると考えていますので、チームドクター、並びに専門医の先生方とも、密に連携をとり、復帰の見通しが立ち次第、契約更改を行うつもりです。
多和田本人とも話をしたうえで、わたしたちはこの形がベストな形であると考え、選択をしました。

報道各社の皆さまには、このような状況でございますので、どうか、彼の復帰をそっと見守っていただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西