ニュース

ロッテ黄金時代、幕開けの予感…2020年をその第一歩に

無断転載禁止
ロッテの井口監督

2020年に突入


 2019年が終わり、2020年に突入した。ロッテはリーグ1位、クライマックスシリーズ、日本シリーズを今季のチームスローガンである“突ッパ!”を目指し戦っていく。そして、マリーンズにとって、2020年は黄金時代を築いていくために大事な一年となる。

 昨季を振り返ると、シーズン最終盤までクライマックスシリーズ進出を楽天と争ったが、4位に終わった。長年チームを支えた福浦和也が現役を引退し、チームリーダーの鈴木大地はFA権を行使して楽天へ移籍。さらに、金銭トレードでエース・涌井秀章が楽天へ移った。

 生え抜き選手である福浦の引退、鈴木の楽天移籍は、多くのマリーンズファンが喪失感を覚えたことだろう。マリーンズも未来に向けて動き出している。このオフは、大型補強を敢行。FAで楽天から美馬学、ソフトバンクから福田秀平を獲得。チームの課題のひとつである“勝利の方程式”を確立するため、広島のリーグ3連覇に貢献し昨季はブリュワーズでプレーしたジャクソン、楽天で3年連続40試合以上に登板したハーマンを補強し、リリーフ陣の層を厚くした。さらにドラフト会議では4球団競合の末、最速163キロ右腕・佐々木朗希(大船渡高)の獲得に成功。チームは転換期を迎え、生まれ変わろうとしている。


期待の若手は?


 河合克美オーナー代行兼任社長は「チームとしては絶えず優勝争いに絡んでくるチーム。当然、若手の育成を継続してやらなければいけない」と掲げるが、15年ぶりのリーグ優勝、さらには黄金時代を築くためにも、チームの顔と呼べる生え抜きの“エース”と“中心打者”を確立したいところだ。

 投手陣でいえば、昨季はチームトップタイの8勝を挙げた種市篤暉が、若手投手陣のなかでもっとも“エース”に近い存在にいる。種市は新人時代から積極的にチームメイトに技術について質問し、昨オフには同じフォークを武器にする千賀滉大(ソフトバンク)に弟子入りするなどプロ意識が高く、どこまでも貪欲だ。今季に向けても、昨年の秋季練習からテーマを持って意欲的に練習に励んでいる。

 1人で貯金を10個以上つくり、負けない投手になれば、ファンからもチームメイトからも“エース”と認められる存在になるだろう。マリーンズが黄金時代を築くうえでも、今年の9月で22歳を迎える種市には、若きエースとしてチームを引っ張る存在になって欲しい。

 野手陣では安田尚憲に注目したい。安田は昨季一軍出場がなかったが、二軍では本塁打、打点の二冠王に輝いた。シーズン終了後には「打席数も多かったですし、多く使ってもらったおかげで獲れた部分も多い。自信になったというほどにはならない。もっともっとできたと思いますし、この1年は全然納得はいっていないですね」と全く満足していないところが、どこか頼もしくも見えた。

 将来はマリーンズの4番として期待される安田ではあるが、現状ではレギュラーを奪いにいく立場。本職の三塁にはレアード、一塁には井上晴哉という高い壁を超えていくには、春季キャンプ、オープン戦でアピールしていくことが求められる。レギュラーを自らの手で奪い、スタメンに定着したときに、昨季までとはガラッと変わった新しいマリーンズになる可能性が高い。そうなれば相乗効果で高卒の若手野手が続々と一軍で芽を出すことも十分に考えられる。チームの未来、安田自身にとっても今季は重要な1年になる。

 河合オーナー代行兼社長は「井口監督が3年目ですから、本気で優勝を狙いにいく。それに十分な補強になっているかというとまだまだだとは思っているんですけど、選手の意識がかわっていると思います」。

 「各ポジションの層が厚くなったことによって、競争もものすごく激しくなっていって欲しい。そのなかで従来以上の力をベテラン、新人関係なく競争して勝ち取ってくれる選手がでてくれば、チーム全体の力の底上げになっていく。それをぜひ具体化してみなさんにお見せして、優勝争いをしたいというのが2020年に向けての期待です」。

 秋に本拠地・ZOZOマリンで歓喜の瞬間を迎え、その先に続く黄金時代への第一歩にしたい。


文=岩下雄太
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西