ニュース

「最後の五輪野球」から12年…いま振り返りたい北京五輪の代表メンバー

無断転載禁止
北京の代表戦士が、東京では代表監督に!

現役選手は「10名」


 年が変わって2020年。いよいよ“オリンピックイヤー”の幕が開けた。

 今年の「東京」から復活するのが野球競技。2008年の北京大会以来、実に12年ぶりの復活となるのだが、あれから干支がひと周りした今、あの時の代表メンバーはどうなっているのだろうか。当時のリストを見ながら振り返ってみたい。


【2008年・北京五輪の日本代表メンバー】

<監督・コーチ>
77 星野仙一(監督)
88 田淵幸一(ヘッド兼打撃コーチ)
72 大野 豊(投手コーチ)
80 山本浩二(守備・走塁コーチ)

<投手>
11 川上憲伸(中日)
13 岩瀬仁紀(中日)
15 田中将大(楽天) ◎現ヤンキース
16 涌井秀章(西武) ◎現楽天
17 成瀬善久(ロッテ) ※現BCリーグ・栃木
18 ダルビッシュ有(日本ハム) ◎現カブス
19 上原浩治(巨人)
21 和田 毅(ソフトバンク) ◎
28 藤川球児(阪神) ◎
47 杉内俊哉(ソフトバンク)

<捕手>
10 阿部慎之助(巨人)
22 里崎智也(ロッテ)
39 矢野輝弘(阪神)

<内野手>
2 荒木雅博(中日)
3 中島裕之(西武) ◎現巨人
6 宮本慎也(ヤクルト)
7 西岡 剛(ロッテ) ※現BCリーグ・栃木
25 新井貴浩(阪神)
52 川崎宗則(ソフトバンク) ※台湾リーグ・味全
55 村田修一(横浜)

<外野手>
23 青木宣親(ヤクルト) ◎
31 森野将彦(中日)
41 稲葉篤紀(日本ハム)
46 佐藤隆彦(西武)


◎=NPB/MLBでプレーしている現役選手
※=◎以外のカテゴリーでプレーしている現役選手


当時の悔しさを知る選手が指揮官に…


 今なお現役を続けている選手は10名、うちNPBとMLBでプレーしている選手は7名となった。

 田中将大は当時まだ19歳ながら代表に抜擢され、3試合・7イニングを投げて無失点の力投。ダルビッシュ有も当時22歳という若さでの代表入り。主戦のひとりとして期待を受けるも、予選ラウンドのキューバ戦で敗戦投手となると、当時トレードマークだった長髪をバッサリ。大会中に丸刈りになって周囲を驚かせたことが大きな話題となった。

 その他で言うと、和田毅と藤川球児、青木宣親という3名は当時と同じチームに所属している。しかし、皆さんもご存知の通り、この12年間ずっと在籍していたわけではなく、3名とも夢を追いかけて大会後にメジャーリーグへ挑戦。和田と青木はメジャーでの戦いを終えた後に古巣へと復帰し、藤川は一度日本の独立リーグを挟んで古巣・阪神に復帰している。


 北京での悔しさから12年……。当時の代表チームを率いていた星野仙一はちょうど2年前の今日(1月4日)、この世を去った。

 その星野以来となる五輪代表チームの監督を務めるのが、北京の悔しさを知る稲葉篤紀。2017年から侍ジャパンの監督を任された男は、前年に『プレミア12』で世界一へと登り詰め、勢いに乗って本戦へと向かう。

 今から1カ月後にはもう球春到来、新シーズンに向けたキャンプがはじまり、あっという間に夏が来る。指揮官はいかにして24名のメンバーを選び、金メダル奪取に挑むのか。チーム発足時からの目標だった「東京で金」へ、稲葉監督の大勝負がはじまる。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西