ニュース

斎藤雅樹氏、投手の守備は「非常に大切なこと」

 3日に放送された『ザ・フォーカス フライデースペシャル』の『守りの名手』というコーナーに、現役時代通算180勝を挙げ、ゴールデングラブ賞にも4度輝いた斎藤雅樹氏が出演した。

 斎藤氏はフィールディングの意識、投手の守備について「非常に大切なことだと思っていまして、バントひとつにしても自分がミスしないでセカンドでアウトに取れたり、サードでアウトに取れたりすることができれば、自分も助かる。守備には自信があった。重要視していたことはありますね」と話す。

 また、現役時代に守備や投球術でお手本にしていた選手について問われると、「ジャイアンツ(の投手)はゴールデングラブ賞を獲り続けている方が多かった。そういう意味では守備練習もよくやっていましたし、西本さんのグラブさばき、足さばきが非常に上手かった。お手本として上手だなと思って見ていました」と明かしていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM