ニュース

“もうひとつのプロ野球”も大詰め!最終節でリーグ優勝・CS進出チームが決定

無断転載禁止
クライマックスシリーズ進出チームが決定! ⓒNippon Professional Baseball / ⓒKonami Digital Entertainment

両リーグとも最終節までもつれた激戦


 プロ野球のオフシーズンに開催される、"もうひとつのプロ野球"──。

 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントの共催で行われるプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」。プロ野球12球団がドラフト会議で指名した4名でチームを結成し、現実のプロ野球と同様、セ・リーグとパ・リーグに分かれ、日本一の座をかけた熱い戦いを繰り広げている。


 年が明けて1月11日(土)と12日(日)、2020年の初戦にしてレギュラーシーズン最後の戦いとなる『eペナントレース 第5節』が東京・お台場で開催された。

 両リーグともに優勝チームが決まっていない状況に加え、Bクラスで最終節を迎えるチームも『コカ・コーラ eクライマックスシリーズ』進出への望みは残っているとあって、戦前から波乱必至の展開が予想されていた。果たして、プレッシャーに打ち勝って笑顔でレギュラーシーズンを締めくくるのはどのチームか……。結果は以下の通り。


優勝を分けた「0.5ゲーム差」




 まず11日(土)に行われたのが、パ・リーグの戦い。第1カードでは、首位で最終節を迎えたロッテと、4位からのCS進出と逆転優勝にも望みを残している楽天が両者譲らぬ激闘を演じ、1勝1敗1分の痛み分けに。ロッテの優勝・楽天のCS進出は他チームの結果次第となる。

 第2カードは2位からの逆転優勝を目指したオリックスと日本ハムの対戦。オリックスは今季無敗を続けるエースの指宿聖也選手が初戦に快勝し、今季リーグ唯一の「6戦全勝」という圧巻の成績で仲間にバトンをつなぐと、第2戦も高川悠選手が接戦をモノにして連勝。最終戦に勝てば逆転優勝というところまで舞台を整えたが、最後は日本ハムの意地に屈して黒星。この瞬間、ロッテのリーグ優勝が決まった。

 そして、パ・リーグのレギュラーシーズン最後のカードは、前年の覇者ながらリーグ最下位と苦しんだ西武と、CS進出を目指すソフトバンクという対戦。両者がひとつずつ星を奪い合い、ソフトバンクは勝つか引き分けでCS進出という状況のなか、第2戦で勝利を収めた加賀谷颯太選手が“連闘”。リーグ史上初となる1カード2戦出場で必勝を期したが、ここで立ちはだかったのが昨年のリーグMVP・緒方寛海選手。今季限りでの現役引退を表明している「eBASEBALLプロリーグ」界きってのスター選手は、自身のラストマッチを4本塁打・8得点の快勝で飾り有終の美。この結果、楽天のCS進出が確定した。

 「eBASEBALL プロリーグ」、2019シーズンのパ・リーグ最終結果は以下の通り。


▼ パ・リーグ順位表
1位 .667(12勝6敗3分) ロッテ
2位 .647(11勝6敗4分) オリックス
3位 .556(10勝8敗3分) 楽天
───
4位 .526(10勝9敗2分) ソフトバンク
5位 .500(9勝9敗3分) 日本ハム
6位 .471(8勝9敗4分) 西武


「バックスクリーン3連発」がミラクルの口火




 パ・リーグの激闘から一夜明けて、12日(日)にはセ・リーグの最終節が行われた。

 第1カードは、3位から逆転優勝を目指すヤクルトと、5位からCS進出を目指す阪神の対戦。ヤクルトはトップバッターを務めた高良匡史選手の打撃が炸裂。敵地・甲子園で山田哲人・バレンティン・村上宗隆による「バックスクリーン3連発」を達成するなど、猛打爆発の快勝でチームを勢いづけると、バトンを受けた仲間も快勝して3連勝。大逆転優勝に望みをつなぐ。

 第2カードは、交流戦からリーグ首位を守り続けてきた巨人と、第4節の3連勝でCS進出に望みをつないだ中日が激突。巨人は初戦で接戦を落とし、2戦目も今季ここまで4戦無敗と安定感抜群だった舘野弘樹選手で勝ち切ることができず、0-0の引き分け。優勝の行方は実際に巨人で球団職員を務めている坂東秀憲選手に託されたが、ここも中日・岡久将吾選手が意地を見せて1-1の引き分け。この結果、ヤクルトのリーグ優勝が決定した。

 そして、パ・リーグのレギュラーシーズン最後のカードは、2位からAクラス死守が求められるDeNAと、最下位で最終節を迎えた広島の対戦に。DeNAはひとつでも勝てばCS進出が決定というなか、初戦・2戦目と立て続けに落として連敗。暗雲が立ち込めると、最終戦も決め手を欠いて0-0で引き分け。この結果、終盤の4節・5節で負けなしの4勝2分と執念を見せた中日が3位に滑り込み。土壇場でCSへの切符を掴み取った。

 「eBASEBALL プロリーグ」、2019シーズンのセ・リーグ最終結果は以下の通り。




▼ セ・リーグ順位表
1位 .556(10勝8敗3分) ヤクルト
2位 .529(9勝8敗4分) 巨人
3位 .444(8勝10敗3分) 中日
───
4位 .421(8勝11敗2分) DeNA
5位 .368(7勝12敗2分) 広島
6位 .350(7勝13敗1分) 広島


今後の日程 


 コカ・コーラ eクライマックスシリーズ:1月18日(土)・19日(日)

会場:esports 銀座 studio
(コナミクリエイティブセンター銀座内)


 SMBC e日本シリーズ:1月25日(土)

会場:esports 銀座 studio
(コナミクリエイティブセンター銀座内)


▼ チケット発売中!
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/ticket/

[券種]
ブロック内フリー席 1,500円(税込) ☆カンフーバット付き

 ↓ 観戦チケットのご購入はコチラ! ↓
https://l-tike.com/sports/mevent/?mid=472238



☆その他・詳細はコチラ(公式サイト)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西