ニュース

球場施設に一泊!? 楽天生命パーク宮城に宿泊施設が登場

無断転載禁止
宿泊施設「Rakuten STAY x EAGLES」の外観イメージ図

楽天生命パーク宮城に新たな名所?


 楽天は21日、楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社と共同で、本拠地である「楽天生命パーク宮城」のレフト側後方「スマイルグリコパーク」内に、宿泊施設「Rakuten STAY x EAGLES」を、2020年4月17日(金)にオープンすることを発表した。

 楽天野球団と楽天LIFULL STAYは、「楽天生命パーク宮城」を中心に、より多くのお客が楽しめる娯楽施設・ボールパークの開発を目指し、楽天グループのサービスを活用した「Rakuten STAY x EAGLES」を設立する。


専用庭でバーベキューも


 この宿泊施設は、楽天イーグルスの試合開催日だけでなく、それ以外の日程での宿泊も可能とのこと。全4室(1階:2室、2階:2室)に、「楽天イーグルス」のチームカラーやロゴ、グッズなどが装飾されており、大型ガラス窓を配置したリビングとダイニングに加えて、バーベキューグリルが付いた専用庭と屋上スペースが、それぞれ1階と2階の部屋に設けられている。


 そのほかにも、各部屋には調理器具付きのキッチンやダブルベッドを配置した寝室を完備し、楽天コミュニケーションズ株式会社が提供する「あんしんステイIoT」と「スマートロック」を導入し、タブレット端末を活用した無人チェックイン・チェックアウトや、暗証番号による入退室にも対応しているという。

 気になる価格は、1室1泊「2万5000円~」で、部屋のタイプや時期、宿泊予約サイト等によって変動。定員は、1階の2室が6名ずつ、2階の2室が8名ずつで、それぞれ「リビング・寝室・キッチン・風呂・トイレ」があり、バーベキューグリル・冷蔵庫・各種調理器具・テーブル・ソファ・無線LANなどが完備されている。


 なお、宿泊予約の受け付けは、2020年3月17日(火)より開始予定となっている。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西