ニュース

MLB公式サイトが“現時点”の先発ローテを予想!大谷は1番手、山口は5番手に

無断転載禁止
エンゼルスの大谷翔平

日本人先発組の現状は?


 『MLB.com』が26日(現地時間)、スプリングトレーニングを前に“現段階”における各球団の開幕ローテーションを予想した。

 同予想では、エンゼルスの大谷翔平選手が1番手枠にピックアップされており、エース格として期待を寄せられている。ただし、二刀流の解禁に加えてトミー・ジョン手術からの復帰を目指すシーズンということもあり、エンゼルスは先発ローテーションを6人で回し、大谷は1週間に1度の登板になるのではないかとの見方を示した。

 また、チーム内の2番手枠に位置付けられているのが、ヤンキースの田中将大投手、マリナーズの菊池雄星投手、カブスのダルビッシュ有投手といったところ。特にマリナーズの菊池には、チーム事情を鑑みても昨季16勝を挙げたマルコ・ゴンザレス投手に続くような活躍が期待されるところだ。

 ドジャースの前田健太投手は、ビューラー、カーショウに次ぐ位置づけで、開幕ローテは確実か。一方、今季からMLBに挑戦する山口俊投手は、現時点ではブルージェイズの5番手という位置づけになるのではないかと予想されている。

 『MLB.com』が「きょう開幕するとしたら?」という条件の下に予想した各球団の開幕ローテーション(※日本人所属球団のみ記載)は以下の通り。


▼ ブルージェイズ(ア・リーグ東地区)
1.リュ・ヒョンジン(左投/14勝5敗 防御率2.32)
2.タナー・ロアーク(右投/10勝10敗 防御率4.35)
3.マット・シューメイカー(右投/3勝0敗 防御率1.57)
4.チェイス・アンダーソン(右投/8勝4敗 防御率4.21)
5.山口 俊(右投/15勝4敗 防御率2.91)※NPB

▼ ヤンキース(ア・リーグ東地区)
1.ゲリット・コール(右投/20勝5敗 防御率2.50)
2.田中将大(右投/11勝9敗 防御率4.45)
3.ジェームズ・パクストン(左投/15勝6敗 防御率3.82)
4.ルイス・セベリーノ(右投/1勝1敗 防御率1.50)
5.J.A.ハップ(左投/12勝8敗 防御率4.91)

▼ エンゼルス(ア・リーグ西地区)
1.大谷翔平(右投/登板機会なし)
2.アンドリュー・ヒーニー(左投/4勝6敗 防御率4.91)
3.グリフィン・カニング(右投/5勝6敗 防御率4.58)
4.ディラン・バンディ(右投/7勝14敗 防御率4.79)
5.フリオ・テヘラン(右投/10勝11敗 防御率3.81)
6.マット・アンドリース(右投/5勝5敗 防御率4.71)

▼ マリナーズ(ア・リーグ西地区)
1.マルコ・ゴンザレス(左投/16勝13敗 防御率3.99)
2.菊池雄星(左投/6勝11敗 防御率5.46)
3.ユストゥス・シェフィールド(左投/0勝1敗 防御率5.50)
4.ケンドール・グレーブマン(右投/登板機会なし)
5.ジャスティン・ダン(右投/0勝0敗 防御率2.70)

▼ カブス(ナ・リーグ中地区)
1.ジョン・レスター(左投/13勝10敗 防御率4.46)
2.ダルビッシュ有(右投/6勝8敗 防御率3.98)
3.カイル・ヘンドリックス(右投/11勝10敗 防御率3.46)
4.ホセ・キンタナ(右投/13勝9敗 防御率4.68)
5.タイラー・チャットウッド(右投/5勝3敗 防御率3.76)

▼ ドジャース(ナ・リーグ西地区)
1.ウォーカー・ビューラー(右投/14勝4敗 防御率3.26)
2.クレイトン・カーショウ(左投/16勝5敗 防御率3.03)
3.前田健太(右投/10勝8敗 防御率4.04)
4.フリオ・ウリアス(左投/4勝3敗 防御率2.49)
5.アレックス・ウッド(左投/1勝3敗 防御率5.80)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西