ニュース

阪神・木浪が今季チーム第1号「良いスタートになった」

無断転載禁止
4回に右中間席へ飛び込む3ランを放つ阪神・木浪聖也
 阪神・木浪聖也が、今季チーム第1号を放った。

 4点を追う4回二死一・二塁から木浪は、中日の2番手・阿知羅の低めを強振すると、打球は右中間フェンスを軽々と越えた。

 「思いきって振ろう、と思ったので、しっかり振り切れて本塁打になってくれた。やっぱり一番最初の試合が大事になる。その中で結果を残せたので、良いスタートになった」。

 9回には北條史也が決勝の本塁打を放つなど、遊撃手のポジションを争うが、「自分のことしか考えていないので」とキッパリ。「すべてにおいてのレベルアップ」を今キャンプのテーマとして挙げた木浪。

 「全試合出場をずっと目標に掲げているので、それに向かってやるだけ」。プロ2年目、進化した姿を見せて猛アピールする。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM