ニュース

ヤクルトドラ6・武岡、木製バットに「違和感はありません」

 ヤクルトのドラフト6位ルーキー・武岡龍世は、二軍の西都キャンプで汗を流している。

 プロの練習に「徐々になれてきています」と話し、木製バットと金属バットの違いについては「そこまで違和感はありません。金属には金属の良さがあり、木製には木製の良さがある。高校時代から木のバットを使っていて、ティーとかは木でやっていました。飛び方の違いに戸惑いはありませんでした」と違和感なくバットを振っている。

 プロ1年目の目標に体づくりを挙げ、「二軍でしっかり力をつけて、一軍にいつ呼ばれてもいいようにしたい」と続けた。目標にしている川端慎吾のような打者を目指していく。

(取材=ニッポン放送大泉健斗アナウンサー)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM