ニュース

ソフトバンクドラ3・津森、目標は「1年間中継ぎで投げて…」

 ソフトバンクのドラフト3位ルーキー・津森宥紀は、「怪我せず、1年間中継ぎで投げて帯同したい」と目標を掲げた。

 アマチュアとプロの雰囲気について津森は「すごい方々、選手がたくさんいるので、違いますね」と話す。サイドスローにしたのは高校1年の秋で、「そこから徐々によくなってきた感じです」と明かした。

 ストレートのスピードについても「大学でも球速自体は、高校時代から2キロくらいしか変わっていないんですが、キレだったりそういうところです」とキレがよくなったという。

 選手層の厚いソフトバンク投手陣だが、「そういう環境でもしっかり生き残っていきたい」と津森。12球団一と言われる選手層のチームで、1年間リリーフで投げるという目標を達成することができるか注目だ。

(取材=ニッポン放送大泉健斗アナウンサー)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM