ニュース

現役時代に大引氏が『ずっと背中を追ってきた』と話した選手は?

無断転載禁止
現役時代の大引啓次氏
 7日に放送された『ザ・フォーカス フライデースペシャル』の『守りの名手』というコーナーに出演した大引啓次氏が、ずっと背中を追ってきたと話した選手に金子誠氏の名前を挙げた。

 大引氏は「僕が若い頃から見ていてうまいなと思ったのは、日本ハムの金子誠さん。僕の中で目標として、ずっと背中を追ってきましたね。プレースタイルも失礼かもしれないですけど、僕の中でも似ていると思ってやらせてもらっていた」と話す。

 「当時、西武ライオンズには中島さん、ロッテには西岡選手、ソフトバンクには川崎選手と打って、走って、守ってよしと、チームのスター選手がたくさんいた。僕はどうしても敵わないなと思った中で、敵でしたけど金子さんの背中を見て、こういうタイプの選手になりたいなと思って背中を追いかけていました」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM