ニュース

大引氏が『こういう先輩になりたい』と話した大学の先輩は?

無断転載禁止
現役時代の大引啓次氏
 7日に放送された『ザ・フォーカス フライデースペシャル』の『守りの名手』というコーナーに出演した大引啓次氏が、二遊間を組んだ大学の先輩とのことについて語った。

 大引氏は現役時代ショートを主戦場にしていたが、オリックス時代にはセカンドに法政大学時代の先輩・阿部真宏氏と二遊間を組むケースがあった。

 大引氏は大学の先輩との二遊間に「間違いなくやりやすかったですね。たとえばゲッツーひとつにしてもそうなんですけど、スローイングミスしたかなという送球もさりげなく阿部さんが難しそうに捕るのではなく、カバーしてくれている。阿部さんがもっている守備のうまさなのかな」と感謝。

 「僕もそういうのを見て、こういう先輩になりたいなと思って練習していましたね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM