ニュース

中日“3番ビシエド”の新打線が機能 2番高橋が好機演出、6番京田は猛打賞

無断転載禁止
DeNAとの練習試合で先制の右前2点適時打を放つ中日・ビシエド

二軍戦では平田が2番、得点効率アップを模索


 中日のダヤン・ビシエド内野手が13日、DeNAとの練習試合(沖縄・北谷)に「3番・指名打者」スタメン出場。3回に先制の右前2点適時打を放った。

 中日はこの試合、1番に武田、2番には高橋を入れ、クリーンナップは3番・ビシエド、4番・阿部、5番・福田の並び。昨季まで上位を打つことが多かった京田は6番に入った。

 中日は0-0の3回、DeNA・上茶谷に対し一死一塁の形を作ると、高橋が右中間への二塁打を放ち一死二、三塁。好機を広げたあと、ビシエドが右前適時打を放ち2点を先制した。ビシエドは2打席で交代し、今季初実戦は2打数1安打2打点。高橋は4回の第3打席で4点目となる押し出し四球を選び、2打数1安打1打点で交代した。

 京田は第1打席から3打席連続で右前打を放ち、5回までに早くも猛打賞を達成。背番号1は今季初の対外試合だった8日の阪神戦(北谷)も「7番・遊撃」でスタメン出場しており、“上位復帰”へ猛アピールした。

 中日は昨季、リーグ1位のチーム打率.263をマークしながら得点数はリーグ5位の563点。12日の二軍戦では実戦初出場の平田が2番に入るなど、得点効率アップへ新しい形を試している。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西