ニュース

広島-ロッテの練習試合は思わぬ幕切れ…2者連続死球で異例のサヨナラ終了

無断転載禁止
9回裏、上本(背番0)が押し出し死球を受け、試合は広島のサヨナラ勝ちとなる

本来なら展開に関係なく9回裏完了のはずが…


 広島とロッテの練習試合が14日、コザしんきんスタジアムで行われ、広島が5-4で勝利した。9回裏は2者連続デッドボールでのサヨナラ決着。場内は騒然となった。

 試合はロッテが4-3とリードし9回裏、広島の攻撃。ロッテは開幕一軍入りを目指す成田をマウンドに送ったが、左腕は2四球などで一死満塁のピンチを背負った。打席に広島のドラフト2位・宇草を迎えたが、ここでも成田は制球が定まらず押し出し死球を献上。宇草は6回の打席でも育成右腕のサントスから死球を受けており、臨時代走・小園を送られベンチに下がった。

 成田は続く上本にも死球を当ててしまい、計4四死球の大乱調。4-5と逆転を許した。ここで広島サイドが「終わり?」とロッテサイドに問いかけると、ベンチの井口監督は指で×印。結果的にサヨナラでの試合終了となった。

 この時期の練習試合は選手の調整が主となるため、両軍申し合わせのうえ、試合展開に関係なく9回裏まで完了するケースが多い。しかし、まさかの連続死球終了に観客も騒然。成田は帽子をとったままベンチへ引き上げた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西