ニュース

中日・梅津、ピンチで粘り2回0封 悪天候で同僚炎上も「強気で行けました」

無断転載禁止
広島との練習試合に登板した中日の梅津晃大

後輩・郡司と「この流れを変えよう」


 中日の梅津晃大投手が16日、広島との練習試合(沖縄・北谷)に3番手として登板。ピンチを招いたものの2イニングを無失点に抑え、「強気で行けました」と対外試合初マウンドを振り返った。

 試合前から小雨が降り続き、強風も吹き荒れる難しいグラウンドコンディション。先発の山本が4回6失点、2番手・阿知羅も1回6失点と苦しみ、梅津は仙台育英高の1学年後輩にあたるドラフト4位・郡司とバッテリーを組み、4-12の6回から登板した。

 6回は先頭の小園を遊飛に仕留めるも、遊撃・根尾が目測を誤り落球。さらに、アウトのタイミングだった二塁送球も逸れ、いきなり無死二塁のピンチを招いた。続く野間には二塁への内野安打を許し無死一、三塁。ピンチを広げてしまったものの、坂倉をニゴロに仕留めたと、続く宇草は空振り三振。最後は上本を右飛に退け、バックのミスを帳消しにした。

 捕手が桂に代わった7回も連打で無死一、二塁のピンチを招いたが、三好を一邪飛に仕留めたあと続く堂林は中飛。最後は小園を右飛に退け、2イニングを3安打無失点1奪三振の内容で終えた。

 広島投手陣も苦しんだ雨と風。しかし右腕は「そんなに気にならなかった。相手(打者)の反応も見れたので楽しかったです」と対外試合の初マウンドを振り返った。後輩・郡司とのバッテリーについては、「ベンチ前でいろいろ話して『この流れを変えよう』と。郡司のリードも強気でしたし、僕も強気で行けました」と、仙台育英コンビでのゼロ帰還を喜んだ。

 7回のピンチでは小園をカーブで翻弄。真っ直ぐ、スライダー、フォークとスピードボール系も選択肢にあったが、「ちょっと怖いなと思ったところで、練習してきた緩急を使えた。サインを出してくれた桂さんのおかげです」と感謝した。

取材・文=上村祐作
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西