ニュース

4年目の西武・鈴木「レギュラーを獲りにいきたい」

無断転載禁止
西武・鈴木将平
 秋山翔吾が海外FA権を行使して大リーグ・レッズに移籍し、西武の外野の1枠が空いた。そのポジションをモノにしようと、西武の4年目・鈴木将平は春季キャンプでは、守備に力を入れている。

 鈴木は「安定感のある守備力をつけるために、小関コーチと特にスローイング面を練習しています。スローイングというのは、捕ってからのリズム、流れをスムーズにすること」と挙げる。「自分は不器用なので体をうまく使うこと、体の使い方に取り組んでいます。安心感を与えられるような守備にしていきたい」と意気込む。

 自主トレでは、「僕はもともと練習嫌いなのですが、それを変えたくて秋山さんと自主トレをしました」と、レッズに移籍した秋山と行い様々なことを学んだ。そのなかでも鈴木は、秋山から「妥協をしないこと。キツイところまでやり続けることを学んだ」という。

 昨季は一軍初出場を果たし、プロ初安打をマークした鈴木。4年目の今季は、秋山が抜けた外野のポジションをモノにするため、「今年はレギュラーを獲りにいきたいシーズン。周りに勝つこと」と競争に勝ってみせる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM