ニュース

ついに出た!日本ハム・西川遥輝が痛烈適時打で“今季初安打“をマーク

無断転載禁止
今季から主将を務める日本ハム・西川遥輝

4打席連続三振から会心の一打


 日本ハムの西川遥輝外野手(27)が18日、韓国・サムスンとの練習試合に「1番・中堅」で先発出場し、待望の“今季初安打”をマークした。

 スコアレスで迎えた5回、一死二塁で第3打席に入ると、韓国の若手右腕・ウォンの投じた真ん中の速球を一閃。鋭いライナー性の打球が浅めに守っていた右中間を破り、悠々と三塁に到達した。

 西川は13日の練習試合(楽天戦)で2打席に立って2三振。この日も2打席連続で三振に倒れ、今春の対外試合では4打席連続三振。未だ2月とはいえその状態が心配されていたが、待望の一本が飛び出し三塁ベース上では笑顔も。直後の6回の守備からベンチに退き、この日は3打数1安打1打点だった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西