ニュース

ヤクルト石川「ゼロに抑えられたのが一番」 19年目”40歳初実戦”は2回無失点

無断転載禁止
DeNAとの練習試合に先発登板したヤクルトの石川雅規

3年ぶりの大役、そして通算200勝へ


 ヤクルトの石川雅規投手(40)が18日、DeNAとの練習試合(沖縄・浦添)に先発登板。今季初の実戦登板を2回2安打無失点で終えた。

 石川は初回、一死から2番・オースティンに二塁打を許すも、3番・ソトを右飛に仕留めタッチアップで二死三塁。4番・佐野は死球で一、三塁としたが、5番・ロペスを右飛に退けピンチを脱した。2回は先頭の6番・宮崎に中前打を許したが、続く戸柱を「狙い通り」と一ゴロ併殺斬り。最後は8番・柴田を遊ゴロに仕留めゼロを並べた。

 1月22日に40歳の誕生日を迎えた左腕。今季初実戦を振り返り、「逆球もあったけどストライクゾーンにしっかり投げられた。ゼロに抑えられたのが一番。走者を出しても本塁に返さないことが重要」と話した。

 自身3年ぶり9度目の開幕投手、そしてあと29勝としている通算200勝へ――。19年目を迎えた大ベテランが上々のスタートを切った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西