ニュース

あるぞW開幕一軍!楽天のルーキーコンビ“コブクロ”が躍動

無断転載禁止
楽天・小深田大翔

激戦区に割って入れるか!?


● ヤクルト 4 - 12 楽天 ○
<練習試合・浦添>

 楽天のルーキーがアピールを続けている。ドラフト1位の小深田大翔内野手(24=大阪ガス)が19日、ヤクルトとの練習試合に「1番・二塁」で先発出場し、2安打1四球で3得点。チームの初実戦だった13日の日本ハム戦から4試合連続安打を記録し、開幕一軍入りへアピールした。

 初回、まっさらな打席に立った第1打席は、相手先発・高橋奎二の速球を捉え右線三塁打。押し出しで先制のホームを踏むと、4回の第3打席は一塁強襲の内野安打を放ち、後続の犠打で二塁進塁。途中出場の岡島の右前打でホームを陥れた。6回は一死から四球で出塁し、二塁盗塁も成功。後続の適時内野安打で三度ホームを踏んだ。この日は6打席に立って2安打1四球の3出塁。自慢の脚も光り、全ての出塁がチームの得点につながった。

 もうひとりのルーキー、黒川史陽内野手(18=智弁和歌山高)は、5回の守りから「二塁」に入り途中出場。この日最初の打席となった7回にヤクルトのルーキー右腕・大西と対峙すると、2ストライクと追い込まれてからやや甘く入った変化球をすくい上げて右中間二塁打。8回の第2打席は変則右腕の市川から右前適時打を放ち、乱打戦のなか3打数2安打1打点と結果でアピールした。

 楽天の二遊間は昨季レギュラーを務めた浅村栄斗と茂木栄五郎が最有力候補で、ベテランの藤田一也、FA加入の鈴木大地に、村林一輝、山﨑幹史らも控える激戦区。与えられた出場機会で結果を残してきたルーキーコンビがオープン戦でも存在感を示すことができれば、2人揃って開幕一軍の可能性もあるかもしれない。

<スコア>
楽|114 101 040|12
ヤ|400 000 000|4

<本塁打>
楽:下妻(2回ソロ)

<継投>
楽:藤平、滝中、森原、津留崎、高梨、酒居
ヤ:髙橋、クック、イノーア、大西、梅野、市川、長谷川

▼ 楽天のオープン戦日程
2月22日(土)vs.DeNA(13:00/宜野湾)
2月23日(祝)vs.巨人(13:00/那覇)
2月24日(休)vs.中日(13:00/北谷)
2月29日(土)vs.ロッテ(13:00/ZOZO)
3月1日(日)vs.ロッテ(13:00/ZOZO)
3月3日(火)vs.DeNA(13:00/静岡)
3月4日(水)vs.DeNA(13:00/静岡)
3月5日(木)vs.DeNA(13:00/静岡)
3月6日(金)vs.中日(13:00/静岡)
3月7日(土)vs.中日(13:00/静岡)
3月8日(日)vs.中日(13:00/静岡)
3月10日(火)vs.西武(13:00/静岡)
3月11日(水)vs.西武(13:00/静岡)
3月13日(金)vs.巨人(18:00/東京D)
3月14日(土)vs.巨人(18:00/東京D)
3月15日(日)vs.巨人(14:00/東京D)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西