ニュース

広島、5点差逆転でヤクルトに勝利 西川2ラン&堂林V打、森下は3回2失点

無断転載禁止
ヤクルトとのオープン戦に先発した広島のドラフト1位・森下

5回以降、一岡、床田、菊池保が0封リレー


 広島がオープン(OP)戦初戦のヤクルト戦(沖縄・浦添)に7-6で勝利。打線が集中打を見せ5点ビハインドをひっくり返した。


 広島は1-6と5点を追う6回、ヤクルトのドラフト3位・杉山を攻め、5番・西川の左越え2ランなどで一挙4得点。1点差に迫った7回は途中出場の堂林が2点適時二塁打を左中間へ運び、7-6と一気に逆転した。

 投手陣は4回までに6点を失ったものの、5回以降は一岡が1イニング、床田が3イニング、菊池保が1イニングを0封リレー。実戦初登板となった注目のドラフト1位・森下は、初回に失点を重ねたものの3回2失点と立て直した。

 佐々岡監督は逆転した打線について「一軍に残りたいというみんなの気持ちがいい結果につながった」と評価。2回以降立ち直った森下については、「ズルズルと行かず、まずまずの投球だった。さすがだな、という面を見せてくれた。次の登板がまた楽しみ」と合格点を与えた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西