ニュース

ヤクルトのドラ2・吉田大喜が2回完全投球 高津監督「スピード出ていた」

無断転載禁止
2回をパーフェクトに抑え、安堵の表情でマウンドを降りるヤクルトのドラフト2位・吉田大喜

鈴木、西川、長野ら主力相手に好投


 ヤクルトのドラフト2位・吉田大喜投手(22)が22日、オープン戦初登板となった広島戦(沖縄・浦添)で、2回をパーフェクトに抑える好投を見せた。


 3回1失点だった先発・高梨に代わり、吉田は2番として登板。2-1で迎えた4回は、3番・ピレラを遊ゴロに仕留めたあと、4番・鈴木誠は三ゴロ。最後は5番・西川を左飛に退け、最初のイニングを3者凡退で終えた。続投した5回は、6番・長野を一邪飛、7番・安部を二ゴロ、8番・會澤は左飛。主力が並んだ広島打線をピシャリと封じた。

 先発ローテーション入りを狙う期待のドラ2右腕は、2回20球、無安打無失点でアピールに成功。高津監督は試合後、吉田について「今日はスピードが出ていた。横から見た限りでは高さ、制球も良かった。今後はイニング、球数を増やしながら、いい結果を続けてほしい」と評価した。

取材・文=上村祐作
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西