ニュース

阪神・藤浪、オープン戦初登板は2回3失点 連続押し出し含む3連続四死球

無断転載禁止
阪神・藤浪晋太郎
2020.02.23 13:00
広島東洋カープ 14 終了 2 阪神タイガース
沖縄

前回16日の楽天戦に続く2失点


 阪神の藤浪晋太郎投手(25)が23日、広島とのオープン戦(コザしんきん)に2番手として登板。2イニング目に3連続四死球を与えるなど乱れ、2回3安打3四死球の内容で3点を失った。





 藤浪は1-0の4回から登板。先頭の代打・野間にいきなり二塁打を浴びると、続く代打・小園は一ゴロ。一死三塁から4番・鈴木誠に中犠飛を許し1-1の同点に追いつかれた。

 5回は先頭の6番・ピレラ、続く安部に連打を浴びたあと、8番・坂倉は空振り三振に仕留めたものの、続く高橋大には四球。一死満塁とピンチを広げ、途中出場の上本には四球、続く野間には死球を当て、連続押し出しで2点を失った。

 前回実戦の16日・楽天戦(練習試合)は、3回3安打2四球で2失点。2登板連続の複数失点で、開幕一軍入りは厳しくなってきた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西