ニュース

ソフトバンクが筑後・長崎開催含むオープン戦9試合の「無観客」開催を発表

無断転載禁止
PayPayドーム[画像提供=福岡ソフトバンクホークス]

春季教育リーグも「無観客」


 「新型コロナウイルス」問題の余波が、野球界にも──。




 プロ野球は26日、臨時の12球団代表者会議を開催。2月29日(土)から3月15日(日)までのすべてのオープン戦、および春季教育リーグを無観客で実施することを決定した。


 これを受けて、各球団も該当試合に関するリリースを発表。ソフトバンクは、福岡PayPayドームなどで開催を予定していたオープン戦9試合と、タマホームスタジアム筑後で予定していたウエスタン教育リーグ4試合が無観客試合となったことを発表した。


 チケットの扱いなど、詳細は球団公式HPまで。


該当試合


▼ オープン戦
2月29日(土) vs.阪神(福岡PayPayドーム)
3月1日(日) vs.阪神(福岡PayPayドーム)
3月3日(火) vs.ヤクルト(タマホームスタジアム筑後)
3月4日(水) vs.ヤクルト(福岡PayPayドーム)
3月5日(木) vs.ヤクルト(福岡PayPayドーム)
3月10日(火) vs.巨人(長崎ビッグNスタジアム)
3月11日(水) vs.巨人(福岡PayPayドーム)
3月13日(金) vs.広島(福岡PayPayドーム)
3月14日(土) vs.広島(福岡PayPayドーム)


▼ ウエスタン教育リーグ
2月29日(土) vs.阪神(タマホームスタジアム筑後)
3月1日(日) vs.阪神(タマホームスタジアム筑後)
3月10日(火) vs.阪神(タマホームスタジアム筑後)
3月11日(水) vs.阪神(タマホームスタジアム筑後)

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西