ニュース

高木守道さん、金田正一さん、野村克也さん、球界のレジェンドたちとの思い出【ショウアップナイターヒストリー】

無断転載禁止
豪快なイメージの一方、すさまじいプロ意識の高さでも知られた400勝投手・金田正一 (C)KYODO NEWS

相次いだレジェンドたちの訃報


 ご機嫌いかがですか、深澤弘です。しばらくお休みを頂いていたこのコーナーですが、球音が高らかに響くようになりまして、また今週から皆さんにお届けしたいと思います。色々、プロ野球の情報などを、お伝えしたいと思います。

 今週はまず、情報というか今年、昭和の偉大な選手が何人か亡くなりました。その皆さんを、ちょっと振り返ってみたいと思います。

 高木守道さん。まだまだ若いんですけど、名古屋で急死されました。皆さん、よくご存じの通り、球史に残る名二塁手で、とにかくあれほどの二塁手は、もうどうやっても出てこないだろうと言われるほど、打っても守っても非常に優れた選手でした。

 高木さんは岐阜商業出身で、そんな高校時代のある日の事。立教大学の野球部が、夏休みにコーチとしてやってきて、その中に偶然、長嶋茂雄さんがいたんです。

 長嶋さんは一目、野球部を見ると、ショートを守っている選手が気になったんですね。その後、10月8日の最後の一戦で戦う事になるとは、こういう運命があるとは知らないで、長嶋さんは『あの子はいいね』と。そして、1週間くらいの合宿が終わった後の帰り際、監督に『あの子はいいけれど、身体の大きさ、俊敏さを見て、セカンドへコンバートしたらどうだろう』という事を、長嶋さんが言ったそうです。

 そして、岐阜商業の当時の監督が、長嶋さんの言う通り高木守道さんをセカンドに回したそうです。ショートの高木守道さんというのは、私も見た事はないのですが、セカンドとしては、とにかく縦横?の活躍で、これ以上の人は今後出ないだろうという、素晴らしい選手になりました。

 皆さんは、高木守道さんというと、4-6-3のダブルプレーの時、グラブに入ったボールを持ち替えないで、そのままパァーンとショートにトスする。それが結構スピードがあって、それによって随分ダブルプレーをとりましたが、後に何人かの選手がマネをしたんですが、誰もそのスピードでは出来ていないという、『バックトス』というだけでも「高木守道」という名前が、すぐ浮かぶような感じでした。


長嶋さんと高木さん


 後に長嶋さんと10月8日の最後の決戦になる訳ですが、この試合が終わって、長嶋さんは有頂天になって記者会見に臨みました。

 中日を破って、優勝して、名古屋での記者会見。色々な質問が来る中で、「長嶋さん、今、どんな気持ちですか?」とある記者が聞いた所、長嶋さんが「ん~、そうですね。竜にまたがって、天に昇る気持ちです」と言ったんですね。

 で、長嶋さんは、自分の部屋に戻ってから、自分の言った事が相手の高木守道さんに対して大変失礼な事だったと感じて、当時の堀江さんというマネージャーに「高木守道の電話番号を調べてくれ」と言ったそうです。

 当時は携帯電話がある訳じゃないので、色々手を尽くして、午前1時頃にわかり、すぐに高木守道さんの所に電話をしたそうです。

「大変失礼な事を言ってしまった。『竜にまたがって、天にも昇る気持ちだ』と言ったけれど、あの時は夢中でインタビューに答えてしまったので、僕自身も少し冷静さを忘れていた。本当に申し訳ない」と謝ったそうです。高木守道さんは、そんな事で、謝られるとは思わなかったので「いいですよ、いいですよ……」と、簡単に返したそうです。

 むしろ長嶋さんの電話の声を聴いて、この人が勝ってよかったな、と。ニュース的にも、俺が勝つより、長嶋さんが勝ってよかったなと、つくづく思ったそうです・・・が、1人になって、布団を被ると、何とも負けた悔しさが出てきて、とうとうその晩は、眠れなかったそうです。

 そういう昔からの友情が繋がって、長嶋さんの電話に繋がったんだと思うのですが、まあそんなことは高木守道さんにとっては、一番大きな思い出になったことではないでしょうか。非常に残念です、まだまだ若いのに。


唯一無二の400勝投手


 それから、金田正一さん。とにかく歴史に残る凄い投手です。享栄商業2年の時に、国鉄に引き抜かれました。当時はまだドラフトなんかないので、選手を獲るのは自由だったわけです。国鉄が目を付け、2年生の時に学校を辞めさせて国鉄に連れてきた。

 案の定、スピードボールとカーブだけで、どんどん勝っていく。とにかく金田さんの記録なんて、これから誰にも抜かれない訳ですから。で、私は鹿児島の湯之元で合宿をやった時に、見に行ったんです。金田さんが「練習が終わってから、ちょっと来い!」というので、宿舎へ行ったら、なんと日本旅館の一つの部屋、10畳以上ありましたかね、そこを金田正一が、全部占拠していました。

 で、東京の家から炊事道具とか全部持ってきて、そこで自分で料理を作って自分で食べる。「これがオレの健康管理だよ!」なんていいながら。誰もそれを、どうのこうの言う人はいない。凄い選手だなと思ったんですけど、まあ、そういう厳しい自己管理によって400勝という凄い数字を打ち立てる訳です。

 長嶋さんが巨人に入ったとき、連続三振をしまして「やっぱり金田だ!」という様な声が出ました。後にその事を振り返って、『実はな、あの年の冬は暖冬だったんだ。だから、オレの肘の調子が凄く良かったんだ』というんです。そんなのは謙遜だと思いますけど、あのシーンというのは、プロ野球がある限り目に残るし、話題になるシーンじゃないかと思います。


偉大過ぎるNo.2の男


 それから、野村克也さん。南海時代、はじめは普通の捕手なんです。で、レギュラーになってきて、みんなの嫌われ者だったんですね、とにかく僻みっぽい『お前の給料いいな、オレの給料はこれだけだ』って、いちいちそういう事を言うので、みんなに敬遠されていたんです。

 監督になった後は、遠征に女性を連れて来たり、決して褒められたことではないんですけど、『野村って奴は、何を考えているんだ』と。最初の頃の野村さんの評価というのは、その程度だったんです。で、口を開けばぼやく。だから誰も野村さんに対して、いい感じを持ってはいなかったんですが、ブレーザーという選手が日本に来ます。

 そのブレーザーと息が合いました。ブレーザーは、大リーグの中でも緻密な選手で、非常にクレバーな二塁手でした。体は小さいんですが、本当に考えながら野球をやっている、ブレーザーの代名詞が『Thinking Baseball』だったんですね。

 これに野村さんが感化され、そこから野球に打ち込むようになってきて、例のクイックモーションで福本選手の盗塁を刺すとか、色々な歴史に残ることを始めたんですね。

 でもね。実際、野村さんの監督時代は、どちらかというと嫌われ者でした。とにかく、口でづけづけ言う、許せない選手がいると、誰が居ようと、怒る時は怒る。だから、どうも野村さんの評判は良くなかった。野村さんが変わってきたのは、ヤクルトの監督になってからです。特に優勝してからは、野村さんが一回り大きくなって、本当に素晴らしい監督になりました。

 最近は、野村克也といえば、もの凄い人気ですが、あれだけ自分をさらけ出して言うと、人気が出るのも当然かと思いますが、私がある時、野村さんに「監督、年をとって良い監督になりましたね」って言ったら、「あっはっは、そうですか」と大きく笑っていましたが、本当に、良い年寄りになりました。

 で、「長嶋との件は、世の中では色々言われていますけど、オレと長嶋の仲は、それほど悪くない。ただ、ヤクルトの監督の時に、あまりにも(新聞に)長嶋、長嶋と騒がれたので、オレの名前が新聞に出ない。だから、相馬さん(当時のヤクルト球団社長)と相談して、《反長嶋キャンペーン》をやろうと。そうすれば、(新聞に)野村も出るだろう。という事でやったんだけど、ちょっとやり過ぎたのと、長嶋が勘違いして、本当に怒っちゃったのがマズかった。でも、名球会で旅行に行けば、良く喋るし、長嶋との仲は、決して悪くはないんだ」という話をしてくれました。

 最後は、昔の《野村克也》というイメージを払拭して、さらに良いイメージを残して、野村さんも逝ってしまいました。なんとも残念ですね。

 その他、野村さんが残念なのは、ホームラン数が第2位。出場試合数が、谷繁さんに次いで第2位。ヒットの数も、張本さんに次いで、第2位。打点も王さんに次いで、第2位。もう、全部が第2位なんです。『だからオレは歴史には残らないな』と、ひがんでいましたけれど、これが心残りだったようですね。

 今日は、高木守道さん、金田正一さん、野村克也さんの思い出をお話しました。


(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM