ニュース

エンゼルス・大谷、7打席目の初安打!レフト前に落とす適時打

無断転載禁止
エンゼルス・大谷翔平

待望の“1本”!


 エンゼルスの大谷翔平選手(25)が現地時間28日(日本時間29日)、レンジャーズとのオープン戦に「4番・指名打者」で先発出場。三塁に走者を置いた初回の第1打席でレフトへの適時打を放った。


 昨年9月に受けた膝の手術を乗り越え、今季は“二刀流”の復活を目指している大谷。この春は6打席に立って未だ快音が聞かれなかったが、この日ついに待望の“1本”が飛び出す。

 初回、一死三塁で迎えた第1打席。レンジャーズ先発ランス・リンが投じたインハイ速球に手を出していくと、打球は詰まりながらもふらふらっと舞い上がり、レフトの前にポトリ。7打席目にして初めてヒットのランプが点滅した。

 第2打席は空振り三振に倒れたものの、この日は2打数1安打・1打点。この1本を機に調子を上げていくことができるか、引き続き注目だ。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西