ニュース

19日開幕・春のセンバツは「無観客での実施を前提に準備」 最終決定は11日

無断転載禁止

開会式、甲子園練習は中止


 日本高等学校野球連盟は4日、大阪市内で運営委員会と緊急理事会を実施。3月19日(木)に開幕する『第92回選抜高等学校野球大会』について、「無観客での実施を前提に準備を進め、最終的な判断は3月11日に決定」とする方針を発表した。


 日々拡大している新型コロナウイルスの脅威…。他競技で大きな大会が中止に追い込まれる例もあったなか、大きな注目を集めていた“春のセンバツ”の開催の可否。結論から言うと、今回の発表は「先送り」。この日の“最終決定”は見送られている。


 高野連も、これまでの情勢から「通常開催は難しい」という見解を示しつつ、「中止としてしまうのは簡単。ただ、我々としては、選手たちに憧れの甲子園でプレーさせてあげたい。球児たちの夢のために、なんとかやらせてあげたい」という想いを強調。感染のリスクを限りなく排除した状態で、聖地での試合開催を模索していく旨を述べた。

 この日の発表をまとめると、開会式や甲子園での練習は中止としたうえで、最終的な決断は3月11日(水)の協議で発表する、というもの。今後の国内の被害状況などをギリギリまで見極め、1週間後に最終的な決定を下す、としている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西