ニュース

阪神ドラ2・井上、OP戦初安打初打点 痛烈適時二塁打、低め直球を左中間へ!

無断転載禁止
阪神・井上広大 (C) Kyodo News
2020.03.08 13:00
阪神タイガース 4 終了 4 読売ジャイアンツ
甲子園
阪神 4 - 4 巨人
<3月8日・甲子園>


 阪神のドラフト2位・井上広大外野手(18)が8日、オープン戦初安打初打点となる貴重な同点適時二塁打を放った。

 井上は6回の右翼守備から途中出場。3-4と1点を追う8回、一死一塁で第1打席が巡ってくると、巨人2番手・鍬原が投じた3球目の低め直球を強振。真芯で捉えた打球は左翼・モタの頭上を越える二塁打となり、一走・高山が同点のホームを踏んだ。

 井上は前日7日の日本ハム戦(甲子園)から一軍に合流。前日は右飛と空振り三振に倒れたが、オープン戦3打席目で早くも大器の片鱗を見せた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西