ニュース

広島の1番長野&2番ピレラが連続二塁打 電光石火の先制劇も降雨ノーゲーム

無断転載禁止
広島の新外国人ホセ・ピレラ
2020.03.10 13:00
東京ヤクルトスワローズ 0 中止 2 広島東洋カープ
神宮

二人で先制点、4番・鈴木誠の犠飛で2点目


 ヤクルトと広島のオープン戦(神宮)は、降雨のため2回裏終了後にノーゲーム。それでも広島は、長野とピレラが入った1、2番が、新しい形を示した。

 広島は初回、ヤクルト先発・スアレスに対し、先頭の長野が2球目を左中間へ運びチャンスメイク。続くピレラは2ボール1ストライク後のスライダーを右中間へ弾き返し、わずか6球で先制点を奪った。3番・西川の一ゴロで一死三塁とし、4番・鈴木誠は中犠飛。三走・ピレラが悠々と2点目のホームを踏んだ。

 試合は雨のためノーゲームとなったが、新1、2番が見せた電光石火の先制劇。シーズンでも新たなオプションとして期待できそうだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西