ニュース

ソフトバンクが4回までに10得点!松田宣が2発含む猛打賞、G戸郷をノックアウト

無断転載禁止
ソフトバンク・松田宣浩(C)KYODO NEWS IMAGES
2020.03.10 13:00
福岡ソフトバンクホークス 10 終了 2 読売ジャイアンツ
PayPayドーム

無観客のスタンドへ「熱男!」


 ソフトバンクは10日、PayPayドームで行われている巨人とのオープン戦で、4回途中までに10得点を挙げ、相手先発の戸郷翔征をノックアウトした。




 初回から連打で一気に攻め立てた。2番・今宮健太の適時二塁打であっさりと先制すると、3番・長谷川勇也もヒットでつなぎチャンス拡大。4番・バレンティンがバックスクリーンへオープン戦第2号となる3ラン、続く松田宣浩も左越えへ一発を放り込み、鮮やかな5連打で5点を先制した。

 2回は無得点に終わったものの、3回は二死二・三塁から8番・甲斐拓也が左適時二塁打を放ち2点を追加。7-0で迎えた4回は、ヒットと四球で一・二塁と好機を作り、5番・松田宣浩がこの試合2本目となる一発をレフトスタンド叩き込んだ。

 「5番・三塁」で先発出場していた松田は3回の第2打席にも右安打で得点機を演出しており、この日は2本塁打含む3打数3安打、3得点、4打点と大暴れ。無観客のスタンドへおなじみのホームランパフォーマンス「熱男!」も叫び、5回の守りからベンチに退いている。

 巨人の先発・戸郷は3回2/3(103球)を投げて、3被弾含む被安打9、与四球5、失点10(自責9)という内容で4回途中に降板。前回登板の3月1日・ヤクルト戦では5回無失点と好投を見せていたが、この日は立ち上がりからソフトバンク打線に捕まり、苦しいマウンドとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西