ニュース

広島・ピレラが好打&好走塁でアピール

無断転載禁止
広島のホセ・ピレラ
2020.03.11 13:00
横浜DeNAベイスターズ 7 終了 1 広島東洋カープ
横浜

復帰後3戦連続安打


 広島の新外国人、ホセ・ピレラ選手が11日、横浜スタジアムで行われたDeNAとのオープン戦に「2番・三塁手」で先発出場し、3打数2安打1四球と存在感を示した。


 ピレラは初回、一死走者なしで打席に入ると、DeNAの先発・上茶谷大河投手からフェンス直撃の中越え二塁打を放つ。二死走者なしで迎えた3回の第2打席では、高めのボールを力強く振り抜いてレフト前に運び、続く西川龍馬選手の中前安打で一気に三塁を陥れる好走塁も見せた。

 先頭打者として迎えた6回は、代わったばかりの2番手・伊勢大夢投手から四球を選び、3打席連続で出塁。7回の第4打席は、DeNAの“守護神”山﨑康晃投手の前に三ゴロという結果に終わったが、打撃に加えて走塁面でもアピール。しかし、途中から就いた左翼守備では、平凡な飛球を落球するなど課題も出た。

 今月6日のオープン戦で右手に死球を受け、状態が心配されたが、雨天によりノーゲームとなった前日の試合でも二塁打を放つなど、復帰した8日の試合以降も3戦連続安打と結果を残している。守備力に不安はあるものの、内外野を守れるピレラの好調により、引き続き内外野を含めたポジション争いから目が離せなくなりそうだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西