ニュース

レイズ・筒香、2の0で14打席快音なし…初のオープン戦は打率.179で“強制終了”

無断転載禁止
レイズ・筒香

試合後に開幕延期と残りのオープン戦中止が決定


 レイズの筒香嘉智選手(28)が現地時間12日(日本時間13日)、フィリーズとのオープン戦に「3番・指名打者」で先発出場。2打数無安打に終わった試合後、メジャーリーグの開幕延期とオープン戦の中止が発表された。


 昨オフにメジャー挑戦の夢を叶え、初めてのスプリングトレーニングに挑んでいる背番号25。出だしは快調で3割以上の打率に初本塁打もマークしていたが、このところは快音から遠ざかり、12打席無安打という状態でこの日のゲームを迎えた。

 初回、二死走者なしで迎えた第1打席は、相手先発ジェーク・アリエッタに対して右飛に倒れ、4回は味方が1点を返した直後の二死三塁というチャンスだったが、荒れ気味になったアリエッタを捕らえることはできず、空振りの三振。ここまででお役御免となった。


 試合後、メジャーリーグは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、現地時間26日(日本時間27日)に予定していたレギュラーシーズンの開幕を「最低でも2週間程度」は延期することを発表。残りのオープン戦もすべて中止となることが決まり、筒香の1年目のオープン戦は“強制終了”という形で幕を閉じる。

 今春は12試合に出場して打率.179(28-5)、1本塁打、3打点という成績。14打席ノーヒットという状況のまま、はじめてのオープン戦を終えることとなった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西