ニュース

“新生”メットライフドームで初オープン戦! 巨大な「百獣の王」もお目見え

無断転載禁止
フィールド照明と空間照明がLEDに

照明や座席がリニューアル


 西武の本拠地メットライフドームが新しく生まれ変わった。2017年12月から始まったメットライフドームエリアの改修工事を受け、2020シーズンから稼働する座席などの施設が完成。一軍の試合では、13日に行われるヤクルトとのオープン戦が初となる。


 フィールド照明と空間照明がLEDに切り替わり、従来のHIDランプ(648灯)に比べて消費電力とCO2排出量を約60%低減。選手のパフォーマンスを最大化できるように、光源からの光を最適に絞り、まぶしさの原因となる光の重なりも低減された。

 また、バックネット裏エリアには、高品質な新素材の合成皮革を採用した「プレミアムシートS」「プレミアムシートA」「ネット裏エグゼクティブシート」の3席種が誕生し、一塁側指定席に定員4名のグループシート「パノラマウッド4」が、外周エリアには立ち見専用の「ステンレスカウンター」が新設されている。

 一部を除く内野指定席エリアのシートには、12球団の本拠地球場では初となるグラデーションカラーも採用。無観客試合だからこそ、中継を通してそのグラデーションぶりをチェックできるかもしれない。ちなみに、シートクッションも暑さ80mmにリニューアルされ、幅も拡大と、長時間の野球観戦に配慮したつくりとなっているようだ。

 球場外では、チケットセンター・ファンクラブカウンター・球弁のカウンターが1ヵ所の建物に集約され、利便性も向上。建物の上には、全長約7メートル、高さ約4メートルにおよぶ、白く巨大なライオンオブジェも誕生した。このオブジェは、「SPIRIT of KING」百獣の王の象徴として力強い咆哮、猛々しさ、躍動感を表現しているとのこと。



▼ 照明のLED 化(主な特徴)
・従来のHID ランプ(648 灯)と比較して消費電力とCO2 排出量を約60%低減
・光源からの光を最適に絞り、まぶしさの原因となる光の重なりも減らすことで眩しさを低減
・4K・8K 放送にも対応した演色性(※1)の高い投光器を採用することで広い色域と色の再現性が高い映像表現が可能
・スーパースロー撮影でもチラツキを防止するフリッカレス技術(※2)を採用
・暗転明転が瞬時に可能なことに加え、DMX 制御(※3)により投光器の個別点灯及び個別調光させることで光を回す、点滅させるなどの場内演出が可能

※1 演色性:照明で物体を照らすときに、理想的な光源に比べ、色が忠実に再現されているかどうかの指標。一般的に平均演色評価数(Ra)で表し、この数値が高いほど、色の見え方が自然光に近いものになる。
※2 フリッカレス:不快なチラツキ(フリッカー)を抑制するために照明器具に搭載した最適点灯技術。
※3 DMX 制御:DMX512 というデジタル信号の通信規格を用いて投光器を1灯ごとに個別制御が可能で、本器具では0~100%の調光が可能。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西