ニュース 2020.03.13. 16:07

西武・山川が4の4「どすこ~い!」本拠地初陣を白星で飾る

無断転載禁止
西武・山川穂高 (C)Kyodo News
2020.03.13 13:00
埼玉西武ライオンズ 7 終了 2 東京ヤクルトスワローズ
メットライフ
○ 西武 7 - 2 ヤクルト ●
<3月13日・メットライフドーム>

 西武が今季の本拠地初陣を白星で飾った。「4番・一塁」で先発出場した山川穂高は4打数4安打で2得点、2打点の大暴れ。7回の第4打席には左翼席上段に特大の一発を放り込み、おなじみの「どすこい」パフォーマンスを披露した。




 西武は先発の本田圭佑が4回1失点と粘投するも、打線が5回までに6安打を放ちながらわずか1得点と、相手先発・石川雅規を攻めきれない展開が続く。

 それでも1点ビハインドの6回、5番・外崎修汰と7番・スパンジェンバーグの適時打で逆転すると、3-2で迎えた7回は3番・森友哉がこの日2本目の適時打でチーム4点目。さらに森を二塁に置いて、すでに猛打賞を記録していた山川が4番手・今野龍太の初球のカーブを左翼席上段へ。「手応えは完璧でした!」と会心のOP戦第3号で白星を手繰り寄せた。

 敗れたヤクルトは先発の石川雅規が5回1失点と試合を作るも、6回以降に登板した清水昇、中尾輝、今野龍太、長谷川宙輝がそれぞれ失点。いずれもこの試合前までOP戦では防御率0.00だったブルペン陣が西武打線に捕まった。打線では青木宣親、塩見泰隆がともにマルチヒット、途中出場の古賀優大も1安打をマークし、OP戦打率.636(11-7)と好調をアピールしている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西